• 精力剤一覧
  • ペニス増大一覧
  • 早漏防止一覧
  • ED治療薬一覧
  • 媚薬一覧
  • 精力増強サプリ一覧
精力剤副作用

精力剤の副作用

精力剤の種類によっては、毎日定期的に服用する必要がある物もありますが、副作用があるのかどうかは気になるところだと思います。

副作用がないと明記している商品もありますが、本当に副作用はないのでしょうか?

はっきり言えば、服用した人全員が副作用を起こさないということはまず無いです。

厳密に言えば、副作用を起こしにくいというだけで、100%副作用は起きないというわけではありません

というわで、医薬品・食品系それぞれが持つ副作用についてご紹介いたします。

医薬品の副作用について

医薬品の精力剤に含まれる代表的な医薬成分に『クエン酸シルデナフィル』があります。

クエン酸シルデナフィルは、世界中の病院でED治療に用いられている『バイアグラ』の主成分であり、勃起プロセスを阻害する酵素の働きを抑制することにより、スムーズな勃起を可能にしてくれています。

クエン酸シルデナフィルは医薬品なので、他の医薬品と同様に、副作用のリスクを抱えています。

主な症状としては、頭痛やめまい、腹痛、色覚異常のほか、鼻づまりや筋肉痛などの症状も確認されています。

これらの症状はいたって軽い症状で、すぐに収まるのですが、既往症がある方や常用薬と併用した場合、狭心などの重篤な副作用を起こす危険性があると言われています。

医薬品の場合は特に制限が多いので、服用には十分な注意が必要とされます。

食品系の副作用について

天然由来成分や漢方・生薬成分を配合した精力剤には、天然成分を使っているため副作用の心配はありませんと明記されており、安全性を保証しているものが数多くあります。

確かに食品系は、植物などから抽出したエキスなどを使用しているため、医薬品に比べて安全性が高く、副作用を起こしにくいという利点があります。

ですが、天然成分を使っているからといって副作用が無いというわけではありません。

特に漢方や生薬の場合、自分に合わない成分を服用すると、食欲不振や胃部不快感、下痢などの体調不良をはじめ、発疹やかゆみなどが発生する場合もあります。

また、特に危険性が高いのがアレルギーで、アレルゲンとなる成分を服用した場合、思わぬトラブルを引き起こす可能性があり、最悪命に危険が及ぶ事があります。

天然成分を使っているから安心だと過信しすぎず、服用の際は用法・用量を守り、異常があらわれたら直ちに服用を中止するなどの措置をとるようにしましょう。