• 精力剤一覧
  • ペニス増大一覧
  • 早漏防止一覧
  • ED治療薬一覧
  • 媚薬一覧
  • 精力増強サプリ一覧

こんな精力剤には気をつけろ!

このページでは、豊富にある精力剤で悪質な偽造品や副作用が強すぎるあまり、体調を崩したり、命を落としかねない危険な精力剤の見分け方や実在する危険な精力剤などを紹介し、1人でも多くの被害者を減らすために開設したページです。
このページを参考にしていただきながら、良質な精力剤を選んでいただけたらと思います。

悪質な代替医療を見分けるポイント

代替医療とは、簡単に言うと手術など直接医療以外の用法を指しています。精力剤は薬や漢方などの服用によって治療を行うものなので、この部類にはいります。
そして、精力剤の販売を行っているサイトや代理店は、色々な宣伝を行って販売を行っているわけですが、そうした精力剤の販売サイトの宣伝を見る際に注意する点がいくつかあります。

  1. 「何にでも効く」「これだけで大丈夫」と謳っている。
  2. マイナス面(効かない場合もあるなど)についての説明が無い。
  3. 他の治療方法や医療体系を批判する。
  4. 科学的根拠または理論が全くない。常識的に考えて納得いかない。
  5. 極めて高額(一ヶ月分が10万円を超える)。
  6. 定価を通常より高く設定した後、大幅な値引きをかけ、かなり安くなったように見せる。
  7. 商品の数ヶ月分を一度に購入させられる。クレジット、ローンをすすめる。
  8. 歴史が無い、成分表が明確に表記されていない。
  9. 超能力のような力を強調したり、特定の施術者しかできないなどの非科学的なもの。
  10. 問い合わせをした後、電話勧誘などが多々ある。
  11. ○○○キャンペーン、限定販売、入手困難などと宣伝している。
  12. あまり目にしない雑誌の広告または、コピーを見せる。

以上に該当するものは、すべてではありませんが、悪質な精力剤を販売業者である可能性が非常に高いです。購入する前に、上記に複数当てはまるものは無いかをしっかり確かめておくことがベストです。

偽物の精力剤

最近、インターネット上では精力剤コピー製品がたくさん存在します。日本では、一部の安売りの悪質業者間で偽物精力剤が流通しているようです。極端に安い破格の値段のものは偽物の可能性があるので購入する際は気をつけましょう。

コピーモノは、衛生管理の行き届いていない場所で作られていたり、成分も不純物を多く含んだものやまったく効果のない成分など粗悪なもので作られてたりします。 また、日本の厚生省が中国製の精力剤の検査をするときに、コピーモノを検査して、成分に問題があると発表している可能性もあります。

特に漢方精力剤の人気が高まるにつれ蟻力神威哥王巨人倍増などのコピー商品が多く出回るようになってまいりました。コピー精力剤は、製造環境も劣悪で衛生面に問題があり、成分も粗悪なもので作られています。

貴重な漢方生薬は配合せず安易にバイアグラの成分であるクエン酸シルディナフィルが使用されていることもあります。医薬成分が混入しているため、効果は抜群にあります。

しかし、医薬成分には使用に注意が必要な人もいるため、持病を持っている方や本来飲んではいけない方が誤って服用することで健康被害がでてしまったという事例も実際に報告されております。
特に、安売りを行っている中国人業者には用心してください。
安く手に入りますが偽物の可能性が非常に高くなります。

個人輸入代行業者を通じて、きちんとした正規ルートから購入することで粗悪な偽物精力剤を入手しないようにしましょう。

⇒正規品取り扱いで安心の輸入代行業社はこちら

精力剤はニセモノのほうがよく効く!?

よく勘違いされているのが、よく効いたから本物、効かなかったから偽物と思っていらっしゃるお客様が多いようですがこれは誤った認識です。もちろん偽物精力剤の中にはまったく効かないものもあるようですが、ほとんどの場合偽物の精力剤のほうが良く効きます。

なぜこのような不思議なことが起こるのか?それは偽物の場合は、高価な漢方成分は使用せずにバイアグラと同等の成分のみを多く含有させているからです。漢方薬を使用するとコストが高くなるために偽物を作っても価格が高くなってしまいます。そのため、安価な西洋薬の成分のみを大量に使用し即効性を持たせ、本物より偽物のほうが良く効くという現象が起こっているのが現状です。

純粋な西洋薬の成分であればバイアグラや同等の製品と同じということなりますのであまり問題はありませんが、コストを落とすため不純物を多く含む成分を使用、製造環境も劣悪で衛生面に問題があり、成分も粗悪なもので作られているため、正規メーカーの商品と比較しますと危険性は非常に高くなります。

高級漢方を使っているのに激安な精力剤は、偽物の可能性が高いので価格だけを重視して選ぶことは危険です。それなりの成分が入っていれば価格もそれなりにしてきます。
他社と比べて、または他の同じような成分を含む精力剤と比べて異常に安い場合はご注意ください。

⇒当サイトで人気の漢方精力剤の一覧はこちら

粗悪精力剤による被害

粗悪な精力剤について色々調べていたときに、実際に起きた粗悪精力剤による被害についての記載がいくつか見つかったので紹介します。


個人輸入した精力剤で意識不明に

日本国内では、2008年に中国から個人輸入した精力剤を使用し、30歳の男性が一時的に意識不明になったというニュースがありました。
男性が服用した商品には、「グリベンクラミド」と「シルデナフィル」という医薬品が検出されたそうです。なかでも、グリベンクラミドは、薬事法が定める使用量を大幅に上回っていました。


他にも、滋養強壮剤や精力剤から医薬品成分であるシルデナフィルやタダラフィルが検出されたというケースも。
シルデナフィルはバイアグラの有効成分で、タダラフィルはシアリスの有効成分です。ED治療薬の有効成分には、心臓病の硝酸薬など、併用できない薬剤があります。
もし、それを知らずに精力剤を飲んだら…重篤な症状が発生し、最悪の場合死に至ることもあるのです。
薬を飲んでいない人でも、肝障害や体調不良を訴えることがあるため、細心の注意が必要となります。

シンガポールの男性が非合法ピルの服用で死亡

シンガポールで精力増強をうたった非合法ピルを服用した中年の男性が死亡した。監督当局によると、この錠剤には同国で規制されている薬物が大量に含まれていた。

シンガポール健康科学庁(Health Sciences Authority、HSA)はこの錠剤の使用に対し繰り返し警告を発していたにもかかわらず死者が発生したことについて、深く懸念すると発表しました。
問題のピルの名称はパワー1ウォルナット。売り上げが伸びるとともに、服用後に不調を訴える例が多数報告されていました。このシンガポール人男性は3月初旬に服用した後に昏睡(こんすい)状態に陥った末、肺炎で亡くなったそうです。


以上の事例を見ていただいてお分かりいただけたと思いますが、使用量を超えた非合法的な精力剤は、最悪死に至ることもあります。なので、こうした粗悪な精力剤に間違っても手を出さないように、成分表や特徴をしっかりと調べた上で選ばなければならないのです。

偽物の精力剤を見分けるポイントは、成分の配合量がしっかり書かれていることそして正規品を取り扱っている輸入代行業者を利用することです。